FC2ブログ

僕自身の世界

今日思い付いたことを書こうと思います

まぁこういう考え方も
コロコロ変わるし
頭の中は矛盾だらけですが
人間なんてそんなもんなんだと思ってます

厨二だしポエムポエムしいので
そういうの苦手な方はすんません



それでは本題へ。


僕はとても感情的になりやすい一面を持っています。
自分のことを理解してもらえない。
そういったことを感じることが
往々にしてあるのです。

しかしふと考えました。

これは傲慢なのではないだろうか。

きっとその通り
僕はとても傲慢で小さな人間です。

そして君達の中にもきっとそんな人はたくさんいるでしょう。

生きとし生ける人間に
承認欲求は付いて回ります。

だからと言ってそれを振りかざし
感情的になってしまっては
人間関係は滞るばかりです。

そもそも「理解してもらおう」
という考えが甘いのだ。

そう考えるしか
この欲望を抑える術は無いのでしょうか。

それは私にはまだわかりません。
しかし今回はこの考え方に準じて
話していきたいなと思います。

それでは
なぜ理解してもらえないのでしょうか。

なぜなら私達はそれぞれ別の人間だからです。
至極当たり前のことですが
これが起点にして帰着点でもあるのではないでしょうか。

私達はそれぞれ違ったの主観を持ち
その主観というフィルターを通して
物事を見ています。

ただでさえ経験も生活も違う上に
見え方まで違うのだから
感じ方が画一的であることなど
到底あり得ないと。そう思います。


私の苦しみは私にしかわからないし
皆さんの苦しみは皆さんにしかわからないのです。


感情は不可分である
簡潔に言えばそんなようなところでしょうか。


ここまで少し陰鬱とした内容でしたが
ネガティブな面ばかりでもありません。


これこそが人生の素晴らしさである
という気もするから不思議なものです。


それぞれがそれぞれにしか感じられない自分だけの世界に生きている。

自分だけにしか味わえない人生を
自分が精一杯味わわずに
誰が変わってくれるというのでしょうか。


生きよ若者。世界は素晴らしい。


ご静聴ありがとうございました。


割れながら恥ずかしいことを書いたので死にたいです、


おやすみなさい。
スポンサーサイト



やよい


こんにちは。

ブログを書くことにしました。

はい。

特に理由はありません。
思い付きで何かを初めてはすぐに飽きる人生なのです。


というわけでよろしくお願いします。

3月に入りました。
タイトルはそういう意味です。

某極貧アイドルや定食屋とは
一切関係無いのでそこんところよろしく。


2月が終わる早さにビビりましたわ。


3月もすぐに終わって
これまで通りの日常がやってくるのだろうね。



ここに来てなんかテーマとかあったほうがいいのだろうかとか
思い始めたけれども、早く寝たいのでそろそろ切り上げます。

多忙な春休みです。



しかしリア充への道は近からずや。
あゝ無情。


それでは皆様お元気で。
プロフィール

コメット

Author:コメット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR